年収1000万円を実現する為の think what to think

外資系に転職して年収1000万円を実現する為に必要な「マインドセット」ですが、そもそも「何を、何について」考えるのか?というテーゼ(使い方あってる?)が非常に重要です。

ここを間違ってしまうと、正しい結論に辿り着くことが難しいばかりか、場合によっては間違った方向性に進んでしまうこともあります。なので、仕事で悩んでいるときには、「自分が何について考えているのか?」について常に最初に考えてみたいものです。

スポンサードサーチ

年収1000万円を実現する為の思考方法

Think what to think というのは、何について考えるのか? それ自身について考えるということです。わかりづらいでしょうか? 逆に言うと、何か困ったことに遭遇しているときに、「自分は何について困った(心配、etc)と思っているんだ、それ自身を考える」ということです。

あるお客様から激しいクレームが来た。。困った! そこで貴方は考えます、「はてさて、自分は何を気にしているんだ? 何を考えるべき? クレーム(怒られる)こと自体を回避したい? 結果的にオーダーがキャンセルされて売り上げが下がるのが問題? などなど。

これは何も仕事だけではなく普段の生活でも様々使えるツール(アプローチ)です。悩み事があったときに、一度落ち着いて考えてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です