ロングテール? WEB2.0とは? シリコンバレーはやっぱりすごい!

最近わたしのような人間にも聞こえてきたこの言葉。
ロングテールや、WEB2.0という言葉だ。
(この本、絶対に”買い”だと思う)
Web2.0への道
Web2.0への道
グーグルという会社は本当にすごいと思う。
彼らのVisionは、国際連合が必要なシステムがあるなら
それらは我々が全部作る!というものだそうだ。
その真意は何かというと、本当の意味での民主主義を
Platformで作ってしまおう!というものである。
なんで本当の民主主義かというと、それはたとえば
グーグルアドセンスだ。
これはアメリカだろうが、日本だろうが、アフリカだろうが
その広告から配分される報酬の額はかわらない。
つまり逆に言えば、現在格差があり、為替を見たら、弱い国の
人でも、アドセンスでかせげば、数ドル、毎月何百ドルだって
夢ではない。我々のようなDeveloped Countryにすんでいると
ありがたみがないが、Developing Countryに住んでいる人には
たまらなく魅力的なPlatformである。そうやって格差をなくして
ゆくのだ。
格差といえば、いままでPortalやGatewayのように、Accessラインの
首根っこを押さえることで儲けてきたGiantたちも、うかうかと
していられないだろう。いまやアドセンスで稼ぐロングテールな
人達。決して無視できない存在になってくると思う。
Web2.0への道
Web2.0への道





One Reply to “ロングテール? WEB2.0とは? シリコンバレーはやっぱりすごい!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です