久しぶりのカルホルニア 2億円の家の固定資産税は?

 久しぶりにカルホルニアに来ている。確か前回は3月くらいだったので、もう半年近く来ていなかったことになる。でも、これからは頻繁(月一?)に来なくてはならないようだ。。。
 行きの飛行機はANA。もちろん(?)ファーストクラスだ。昔と違って、いや昔もそうだったか、ファーストクラスのフライトアテンダンスは御歳をめされた女性が多い。行き届いたサービスは気持ちよいし何も問題ない。でもやっぱり見るだけで幸せになるような若く美人な子がいいなぁ・・・
 と、身勝手な妄想をしているうちにLAXに到着。ここからドライブだ。
時間があったので、途中で海岸沿いに聳え立つ丘にある高級住宅街をふらっと走ってみた。
 サンノゼの少し南にあるPacific Groobeへ移住するのが私の夢だけど、ここも大きくて質の高い家ばっかりだ。あとで友人に聞いたところ、どれも2億円以上はするらしい・・・!!!
 2億円という価格もすごいが、もっとすごいのが固定資産税。だいたい購入価格の1%(年に支払い税の総額)。ということは2億円だと200万円だ!!! 毎月16万円以上。。。(撃沈)
 税制は州とかでも異なるらしいが、ここは購入価格で決まるらしい。なので、バブルで家が高いときに購入したはずっと高い固定資産税のまま。一方、例えばその土地がまだまだ未開の時に買った人、即ち安い価格で購入した人の固定資産税は低いままなのだそうだ。差が100倍になることも?
 なんとも面白い国だ。日本も税金のとり方を考え直す時期だと思うけど、万人みな平等、御国は弱者を守れ!・・・みたいなことを言っているうちは変わらないだろうね。
 世界は物凄いスピードで動いている。そういえばLAXのイミグレでは殆どが中国人だった。裕福になった中国人が海外にどんどん出て買い物しまくる。彼らを考慮しないとビジネスは成り立たない。
 友人に聞いたら(中国の話題になったとき)茨城空港に乗り入れしている中国系のエアラインがあって、何とどこかの東海岸(中国)までのフライトチケット価格が85ドル(US)ということ!!! ちょっとこの価格は安全面が心配になるくらいだ。 座席も物凄く狭いらしく、機内はお水も有料、TAXフリーということで賞品販売を活発に行いそこで利益を出しているらしい。新しいビジネスモデルかもしれない。関東地方に住んでいる人なら成田も茨城もあまり変わらないし、85ドルならいいかもね。
 そんなこんなで今週末はひとりで過ごす。やることもないなぁ~ しょんぼり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です