年収1500万円のスーパークラスへ!

この記事は2011年10月のの記事を現在(2019 July)に加筆修正したものです。

久しぶりにブログアップだわ。

いま、Californiaに来ています。こちらは暑くもなく寒くもなく、過ごしやすい季節ですね。
 日本は歴史的な円高で賑わっているようだわ。自分は外貨資産を持っているのでこういうときは不利。円に換える必要があるときはね。でも、逆の人は有利だよね。そう、今の円高を利用して、TUMIのバックとか欲しかったものを買おうかな?(TUMIのバックは中型のスーツケースと普段使うリュックを後で買った!)
 で、話題。プロモーションした。ようやく、Director。
長かったなぁ。サラリーマンの年収も以前このブログで書いた、1500万円以上のスーパークラスは軽く超えた。会社というのは実力を評価してくれる上司の元だと、働きやすいし(仕事はきついのは当然ですよ!)、ほんとやりがいがある。
 確か、友人が言っていたけど、いやぁ~あれは確かキャバクラだったと思うんだけど、この人(ってか、お前だろ!)5%の人です、はい、5%です! って何かと思ったら年収1500万円以上の国民で5%しかいないの? これ、本当か?
 それが更に年収2000万円以上になると1%???1億人だとすると100万人か?そう聞くと多い気もするが。。。
 でも、そんな1%~5%の人に高税率かけても本質的な解決にならないんだけどなー
だって、やっぱり残りの95%の方がボリュームあるしなぁ。でも選挙対策的に考えると、その他大勢の人には、金持ちから税金取れ!ってのがイージーだよね(2019年の今、まさに消費税アップの前に、富裕層への重課税や、法人税のアップが声高々に叫ばれています。。。そんなことしても経済は伸びないと思うけど)
 サラリーマンの年収が高くなってくると分かることある。それは年収が増えても手取りがあんまり増えないことだ(大汗!)。この国は怖い。会社も嫌だろうなぁ。せっかく給料あげても増加分はほとんど税金になっちゃうんだから。おまけに円高。不景気。そりゃぁ、海外行くわ。(追伸:2019年の今では、富裕層でなくてもアジアに出て悠々自適に暮らす人はいる。タイとかなら月5万で暮らせる。そして引きこもってブログアフィリする、、みたいな)
 また、そういう高額取得者はクレバーだから、いろいろ考えるよね。不労収入を得るために投資したりね。
 やっぱり世の中、何も考えずに生きている大勢の人より、必死に頭を使って生き抜こうとしてゆく輩の方が強いってわけだわ。そりゃぁそうだ。
 ・・・って、書きたい内容と随分と違ってしまった気がするので、また改めて書こう。

サラリーマンが本業で、年収2000万円を目指そう!社長でなくても実現出来ます!

この記事は2010年11月の記事を2019 Julyに加筆修正したものです。

大学生の就職内定率が低いらしい。いろいろな理由があると思う。受け入れる側の会社や社会そのもの(政治)仕組みなど、数えたら切りがない。

しかし一つ言える確かなことは、そんな理由を周りに求めても事態は好転しないということ(バッサリ)。

今からでも遅くないので、やはり売れる学生になるように努力をするべきだと思う。

先日、TwitterでもRTしたが、オックスフォード大学の卒業予定者に対する企業からのオファーは平均して月給1万ドルだ。今は円高だけど、1ドル=100円の時代ならば、初任給が月給100万円ということだ!(2019年 July  最近ではSONYやNECが新卒採用で年収1000万円も!という報道を見かけるようになった。。。)

遅るべし。プロサラとか言っている場合ではない、大学卒業後から月給100万円なのだ。・・・というのも分かる気がする。使える学生はそれくらいの価値があるのだ。

実際即戦力なる。例えばソフトのコーディング。入社xxx年目なんて関係ない!スリムなコーディングをする奴の勝ち!(ちなみに私はSoftwareは書けません、汗!)

日本の学生も実力勝負の世界でやってみたくないか? 初任給20万円の会社からスタートするのか? 学生時代に将来を見据えて、しっかりと(将来役に立つ:ここが大切)勉学に励むのか? 貴方の人生はあなたの日々の一瞬にかかっているのですよ!(10年後の2019年現在は、一昔前と違って学生でもベンチャー立ち上げる人は多くなったし、本当がんばってほしい!)

そういう私も大学時代にもっと勉強しておけばよかったと大変後悔している。今はようやく年収2000万円が手に届かない所ではなくなってきたが、大学卒業後20年も費やしているのだ! 初任給100万円なら、年収1200万円からのスタートとなり、明らかに有利だ。

さぁ、どうする? 遊びほうけていた人が社会のせいにするのは虫がよすぎるね。。まぁおねぇちゃんとXXしたいのは分かるけど。。。(大汗!)

40才で年収2000万円は無理なのか?

この記事は2010年8月に書いた記事を2019 July に加筆修正したものです。

過去自分が書いたE-Bookを読む機会があった(これ誰か持っていたら下さい! ななんと原本fileを無くしてしまった!)。

30代半ばで年収1500万円を実現したと書いてある。そこには更なる目標、40才で年収2000万円を実現したいと。

日系ベンダーでサラリーマンをしていたころ、社長になってもお給料は2000万円だとまことしやかに噂されていたことがある。今でも(あの頃は)?そうなのだろうか?

儲かっている企業の役員はかなりもらっていることが判明しているので、電気メーカーといえどもかなりもらっているのだろうか?(この部分、是非情報をお持ちの方はコメントください)

それはそうと、役員でもないサラリーマンが年収2000万円は結構大変だと思う。私自身はもう43歳になってしまったが、あと少し頑張れば到達できない数値だとは思わない。いや、可能だ(このあと楽に達成をしました! あざっす!)

ここまで来るのに、日系ベンダーから転職してから10年の歳月が過ぎていることに気が付いた。そうだ、節目なので何かやろう。自分の培った経験やノウハウをまとめたサイトをもう一度きちんと作る、セミナーを実施したり、オフ会という名の飲み会でもいい。そうだ、やろう! (← やれてない!大汗! うそつき!)