SPRINGBOARD (外資系転職のコンサル)

 最近、SPRINGBOARDという会社を知りました。新しいところですね。プロサラの友人が12月初旬に先方にあうので、どんなところかレポートできると思います。
 気になる人は下記リンクから先方のホームページをのぞいてみましょう!


外資系企業の探し方 (語学が生かせる外資系)

外資系企業の探し方 (語学が生かせる外資系)





非公開求人にはどうやってたどりつけるのか?

転職の王道であるエージェントへの登録
みんなもしていると思う

しかしここで考えなければならないことがある

それは『非公開求人』だ

実は乱立する転職エージェントで公開している転職情報は全部の情報の50%程度にしかすぎないという。。。。

では、残りの50%はどこに消えたのか?

それがまさに『非公開求人』なのです

その『非公開求人』にどうやってたどり着くことができるのか?
答えは、これ → キャリアデザインTypeへ登録しよう






祝い金の出る転職エージェントが登場した ★

エンジニアやIT系の方の転職をサポートするエージェントの紹介です。
ワークタンク(↓)の良いところは、登録するにあたり、氏名や会社名を匿名で登録できるところです。匿名ですから、転職活動をしていることをまわりに見抜かれることもないですし、安心して登録できますよね。



転職というと何か一大事のような気がしますが、まずはどのような会社が自分というタレント(スキル)を必要としてくれているのか?  そんな情報が分かるだけでも今いる会社での働き方、志も変わってくるというものです。
私は外資系への転職アドバイザーのようなことをやろうとしていますが(^^;)まず最初の壁が、ここ、つまり転職活動に入る!という心理的な壁があるんですね。
そういうときに私が言うのは、何も転職活動したからといって必ずしも転職するわけでもないし、転職しなければならないってわけでもないんですよと。
何にもしないと今の環境という狭い視野になってしまうんですね。ところが、例えば、今回のワークタンクなんかに登録して(勿論、無料です!)自分のスキルを見つめなおしたり、おやおや自分に興味のある会社があるんだ(登録されたスキルなどの情報により、貴方に興味のある会社からエージェント経由で連絡があります)・・・なんていう驚き・発見もあるのです。
本当に転職するかどうかを悩むのは、まだまだ全然先の話なんですね。
この最初の1歩、わずかな1歩なんですが、とりあえず登録してみよう!っと思える方が、将来の年収1000万円予備軍なんですね。
まずは登録だけでもしてみましょう!  
そうそう、ワークタンクの素晴らしいところは、資格取得したり、転職を成功したりすると、お祝い金がもらえるところです! 私の経験では、そのようなところはワークタンクが初めてですね。
先行者利益に預かりましょう!






英語を生かした転職先を見つける

ここのサイトはIndustory(業界)が豊富で、かつ給与などが書いてある
企業情報もあったりして、外資系を探したい人には便利なサイトだと
思います。是非ご活用ください!
キャリアクロスのサイトへはこちらからどうぞ。
by 32歳で年収1000万円を実現した、田中守/管理人 からの情報でした!