外資系に転職して年収1000万円を実現する為の準備

さぁ転職しよう! と思ったら具体的に次は何を
すればよいのでしょうか?
転職サイトに登録?
それ、ちょっと待った!です。

何故か?って、すでに『マインド・セット』や
『キャリアデザイン』を忘れてませんか?
転職サイトに登録した場合、連絡が来た
情報(会社)を検討するのでしょうか?
だとしたら、そこに貴方の『計画や想い』は
あるのでしょうか?

『当事者意識』をいつも忘れないでください。
『外資系に転職して年収1000万円を実現する為』
に最初に重要な事は、そういうポテンシャルの
ある業界、インダストリー、会社を理解する
(探す)ということです。

今の会社の業種や自分のスキルを考えて、
この時点で転職先を絞ってしまう必要は
ありません。もちろん、40代、50代の場合は
この限りではありませんが、このBlogでは
新卒や就職してサラリーマン人生に朦朧と
している20代、30代の方を主にターゲットに
しています。

繰り返します。『今、もしくは今後伸びてゆく
業界をターゲットにする』そして、
『そこで必要なスキルは何か』を考えておく
ことです。それにはそもそも
『自分の市場価値を上げておく努力』が必要です。

年収1000万円を実現する為に今後伸びる業界を考える

何を当たり前の事を言っているんだ!と思われた方も多いと思います。しかし、その当たり前の事を出来ていない人がほとんどなのです。だからこそ、その当たり前の事を出来る人にフルーツ(年収1000万円の実現)に近づく道が開かれるのです。恐らくここで5%に絞られます(是非貴方はその5%の中に入って下さい!)

例えば今スマホのメーカーに転職を熱く希望する方は多くいるでしょうか?(スマホはコアのビジネスなので、特殊な技術をスマホで展開するとか、そういう熱意があってスマホメーカーに転職を希望する方はいらっしゃるかと思いますし、それはそれでOKかと思います)

スマホが出て10年。今は5Gが出てきて盛り上がりを見せていますが、一方でスマホの技術やスマホを取り巻く会社はこぞって自動車(Automotive Industry) 市場へ参入すべくしのぎを削っています。これは何故でしょうか? 答えはシンプル。そこに大きな市場が見込まれるからです。今後の車はConnected Car(いつもセルラーネットワークに接続されている)、AD(Autonomous Driving)やADAS(Advanced Driver Assistance System)が実装される見込みであり、そこには多くの技術が採用される(必要である)と言われています。例えば、自動運転の為にカメラで取得したデータを解析して位置情報に活用したり、ドライバーの顔を分析してADASに利用したり、、様々ですが実はこれらの技術要素は既にスマホで実用化されているものも多く、それらを車での需要に合わせて発展させることにより、ビジネス商機を見据えているというわけです。

インダストリーを跨いで共通のビジネス商機が見込まれるものの1つとしては『AI』があります。『AI』を人工知能と訳すのは私はあまり好きではありませんが、日本語訳は別としても、AIが様々な物に採用されてゆくことは疑いの余地がありません。それは身近な冷蔵庫や電子レンジ、オーディオや家(スマートフォーム)、既述の自動運転や各種システムソリューションなど今後の個人や社会の生活で、そこにAIが稼働していることに気づくか否かは別にして、どんどん広がってゆくでしょう。

であればAIに関わる技術者などには多くの需要があることが容易に想像できます。中国では国策としてAIのエンジニアを増やすべく各種施策を進めていると言われています。ここではAIについての深堀りはしませんが、AIの様な技術やトレンドを見つけることは非常に重要な事です。私は主に情報通信(古い言葉で言えはICT: Information Communication Technology)の世界で生きていますが、他の分野例えば医療やエネルギーなどの分野でも次世代でキーとなる技術やトレンドはあるのではないでしょうか?

転職する意思は固めた、で、今の仕事はもうどうでもよい、手を抜こう、、、ではなく、今の仕事は一生懸命にこなしつつ、上記の伸びる業界やキーテクノロジー・トレンドについて考えてみてください。自分の会社も何らかの形でそれらに関わっていたりしませんか? 

年収1000万円を実現する為に必要なスキルと自分の市場価値を上げておく努力

外資系で長く働いているよく遭遇するケースですが、付き合いのあるパートナーやお客さんの会社自身からの転職者が多いということです。これは何故でしょうか? まず言えることは、転職後にスムースに業務を進めるための知識を予め持っている、という事が言えるでしょう。勿論、外資系で活躍するためには知識だけでは十分ではなくその他のスキルも必要です。ただ年収1000万円を実現する転職先を見つけるという意味において、もし貴方の会社がそういう業界でキーとなる会社と取引があったり、何等かの関わりがある場合には是非その部署に飛び込んでみてください。そこでその外資系で必要な知識を身に付けるのです。今まで胡散臭く思っていた自分の会社が違う様に見えてくるかもしれません。

もう1つの考え方は、自分の会社がそういった関わりが全く無いという場合です。この場合は、そういう関わりのある日系の会社にまず転職してみるというのも手です。但し、やりたいこととしてハッキリと、「xxのテクノロジー・製品・ソリューションを扱ってみたい!」と宣言することが必要でしょう。またその為には最低限xxのテクノロジー・製品・ソリューションについての知見を高めておくことです(間違っても将来xxの会社に転職する為の準備期間です!などとは言わないで下さい(念の為 (笑))

外資系で成功する為のスキルと、外資系に転職する為のスキル、というのは100%合致するわけでもないと思いますが(前者の方が多くのAspectsが必要)、私が20年の経験から感じる必要だと思うスキルを以下に述べてみたいと思います(このトピックは以下だけで終わる簡単な分野ではないと思うので、カテゴリーを作って各々お話題で深堀りをしてゆきたいと思います(慌てずゆっくりやります)

  • 自走・自律型
  • 思考力
  • コミュニケーション能力
  • 調整力
  • 忍耐力(ガッツ)
  • リーダーシップ
  • ビジョン

(各々の説明をしたいと思いますが、その前に『実践編』の方を編集します。。。