おすすめ転職サイトと転職エージェント

【おすすめ】キャリアデザイン思考で選ぶおすすめの転職サイトと転職エージェント

私はこれまで「将来なりたい自分」「在りたい自分」は何か?ということを考える「キャリアデザイン思考」で転職を数回経験し、転職後の年収アップも合わせて実現してきました。

有り余る情報洪水の現在、自分の中で軸を持って転職活動をしないと仮に転職自体に成功したとしても、その後の「自分にとっての幸福」を掴むことは出来ないかもしれません。

そんな「キャリアデザイン思考」から、おすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介しています。貴方の転職活動・転職サイト・転職エージェント選びに少しでも役立ては幸いです。

転職サイトと転職エージェントとは

何となく似たようで異なる「転職サイト」と「転職エージェント」、まずは違いを理解するところから始めましょう。

「転職サイト」とは

「転職サイト」とは、自ら求人情報を探して、企業に直接応募ができるサイトです。

業界大手では、リクナビNEXT、doda(デューダ)、ビズリーチなどが「転職サイト」に当たります。最近では、スカウト登録(リクナビNEXT)をすることで、オファーを待つこともできます。

これら大手の転職サイトは求人数の多さが強みであり、キャリアデザイン思考から「行きたい業界」「なりたい職種」を自ら探して情報収集できるメリットがあります。

また中小の転職サイトでは専門分野に特化した転職サイトや、各々の強みを出した転職サイトがあります。

一方、応募する会社を自己判断する為、自分のキャリアデザインに対してその会社がマッチした会社であるか等の相談の機会を逸するというデメリットもあります。

「転職エージェント」を併用することをおすすめします。

「転職エージェント」とは

「転職エージェント」とは、キャリアアドバイザやキャリアコンサルタントなどの専任スタッフが転職活動をサポートしてくれるサービスです。

リクルートエージェントやType転職エージェント、JAC Recruitmentなどが「転職エージェント」にあたります。

職務経歴書や面接のアドバイスに加え、企業にあなたの強みをアピールしてくれるなど細かいサービスが転職エージェントの特徴です。

自分のキャリアデザインを説明して、転職サイトに加えて転職エージェントのコンサルを受けることをおすすめします。

「転職サイト」と「転職エージェント」のキャリアデザイン思考による、おすすめの活用方法

キャリアデザイン思考では、まず「やりたいこと」「やっていると幸せに感じること」があるはずです。私は学生の頃、プログラミングはイライラするほど嫌いでしたが、熱中するほど好きという人もいます。或いは職種や業界でなく「とにかく海に関係した仕事がしたい」という「環境ターゲット」型の人もいるかもしれません。

まずは転職サイトに登録して、自分のキャリアデザインの観点から望ましい会社や業界などを調査しましょう(ここで応募することはキャリアデザイン的にはあまりおすすめしません)。

次に、キャリアデザイン的に気になった会社の候補を2−3社選んだ上で、転職エージェントに相談をしましょう(ここでは必ずしも候補となった2−3社に行くつもりがなくても構いません)

詳しくは「キャリアデザイン思考的、転職活動ノウハウ」の記事にありますが、転職エージェントの専任スタッフに貴方のキャリアデザインについて詳しく相談してみましょう。

まとめると、次のステップになります。

  • 転職サイトに登録する
  • 転職サイトから、やりたい職種・行きたい業種・その他の「なりたい」「在りたい」をキャリアデザイン思考的に思い浮かべて調査する
  • キャリアデザイン的に気になった候補2−3社の情報を元に、転職エージェントに相談をする
  • 転職エージェントの専任スタッフとキャリアデザインについて相談をし、転職エージェント経由で応募をする会社を絞り込んで応募

最もおすすめの転職サイトと転職エージェント

キャリアデザイン的思考の転職活動で、最もおすすめする転職サイトと転職エージェントをご紹介します。おすすめの理由も。

活動のベースとなるリクルート系から、比較やハイマッチを狙うその他のエージェントの両方を登録することをおすすめします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

【おすすめの理由】 業界最大手。キャリアデザインからの希望に見合う会社を探して相談するのにベストなおすすめの転職エージェントです。

【公式サイト】 https://www.r-agent.com

リクルートエージェント』は転職エージェントですが、リクルートグループとして『リクナビNEXT』という転職サイトも運営しています。

リクルートグループの転職サポートは、何といっても業界最大手の名に恥じぬデータベース(求人数)の豊富さと、非公開求人も多いことです。

転職サイト:リクナビNEXT、転職エージェント:リクルートエージェントをダブルに使って、まずは転職活動の基本となる情報収集と、ベースとなるエージェントの質(クオリティー)を理解しましょう。

全年齢型とも言える転職エージェントと転職サイトです。

登録はこちら(公式サイト)

doda

【おすすめの理由】 リクルート系同様、業界大手。豊富なデータベースでキャリアデザイン思考の転職活動のベースになり得るおすすめの転職エージェントです。

【公式サイト】 https://doda.jp/

doda』は転職エージェントですが、「転職サイト」の機能も兼ね添えています。

そういう意味でリクルート系と同様にキャリアデザイン思考で、まず自分の「なりたい」「在りたい」の希望に合いそうなな会社の候補を探し、転職エージェント機能を使ってキャリアデザインの詳細と共に相談をすることをおすすめします。

担当者が以下紹介するハイクラス向けの転職エージェントのヘッドハンターと比べると頼りなく感じることがあるかもしれません。但し、自らキャリアデザインを顧みて希望に沿うとおぼしき会社を探して見るという意味では、リクルート系と同様転職活動のベースとして利用すべき転職エージェント・転職サイトです。

また全年齢型とも言える転職エージェントと転職サイトです。

登録はこちら(公式サイト)

ビズリーチ

【おすすめの理由】 企業に深く入り込んでいるので、キャリアデザイン的な希望と市場ニーズがマッチしているかが分かる、おすすめの転職サイトです。

【公式サイト】 https://www.bizreach.jp

ビズリーチ』は、転職サイトの中で最もおすすめです。焦って転職を失敗することなく、中長期的に優良案件をじっくり狙うのに最も適した転職サイトです。

ビズリーチがおすすめなのは、ヘッドハンターのクオリティーです。キャリアデザインから希望する条件など貴方の希望と、貴方の実際の市場価値を見極めてくれる転職サイトです。そういった意味では転職エージェントの機能も持ち合わせています。

リクルートエージェントやリクナビNEXTとのやり取りで培った、貴方のキャリアデザインを実現できる会社に巡り会う確率が上がるレジュメ(職務経歴書)を登録し、あとはスカウトを待つのがおすすめです。

年収が500-600万くらいある方がスタートポイントなので、新卒や第二新卒の方は「年代別おすすめの転職サイトと転職エージェント」をおすすめします。

登録はこちら(公式サイト)

JAC Recruitment

JAC Recruitment

【おすすめの理由】 日系大手や外資系が多く、キャリアデザインとして年収アップやキャリアアップの為のハイクラスを求める方におすすめ

【公式サイト】 https://www.jac-recruitment.jp

私の場合のキャリアデザインでは、「仕事はきつくても良いので成果に見合った報酬が欲しい」、「グローバルな仕事がしたい」、「海外の人たちと関わりたい」が主な希望でした。

JAC Recruitment』は、転職活動にも慣れ、より自分のキャリアデザインを追い求めてゆく人には最適な転職エージェントです。

一般的に30代から50代向けの転職エージェントと言われています。

登録はこちら(公式サイト)

その他のおすすめ転職サイトと転職エージェント

パソナキャリア

【おすすめの理由】 情報量が豊富。リクルートやdodaに慣れたら、追加したいおすすめの転職エージェントの一社

【公式サイト】 https://www.pasonacarrier.jp

パソナキャリア』は転職エージェントです。幅広い求人情報を提供してくれる転職エージェントですので、転職サイト的に使うのが良いと思います。

登録はこちら(公式サイト)

GeekOut

【おすすめの理由】 パソナが運営するIT・Webエンジニア向けのおすすめ転職サイトなので安心して利用できます

【公式サイト】 https://geek-out.jp

『GeekOut』には、IT業界やWeb業界専属のキャリアアドバイザーががいる、おすすめの転職サイトです。

会員登録時にIT業界・Web業界における自分の経験やスキルを正しく登録することで、IT・Web業界に強いキャリアアドバイザーが現前した求人除法をフィードしてくれます。

IT業界・Web業界に行きたい人は押さえておきたい転職サイトです。

登録はここから(公式サイト)

Type転職エージェント

【おすすめの理由】 私 田中 守ともゆかりのある、おすすめの転職エージェントです! (田中 守のプロフィール参照)

【公式サイト】 https://type.carrier-agenet.jp

Type転職エージェント』はその名の通り転職エージェントですが、『キャリア転職サイトType』という転職サイトも運営しています。

リクルート系や doda の様に、転職エージェントと転職サイトの両方を使って、希望の転職先候補を見つけ自分のキャリアデザインについて合う企業の相談をしてみましょう。

登録はここから(公式サイト)

マイナビエージェント

【おすすめの理由】 関東エリアの求人を網羅(東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富) 特に若い世代にはおすすめの転職エージェントです。

【公式サイト】 https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェント』は関東エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人を網羅し、人事&採用担当の太いパイプを持っています。親身な転職サポートをしてくれる転職エージェントです。

登録はこちら(公式サイト)

年代別のおすすめな転職サイトと転職エージェント

20代におすすめ

20代の第二新卒の方と30代の転職予備軍の方とでは、企業側が求める人材やスキルが異なります。

ここを理解せずに転職サイトと転職エージェントを利用すると、歯車がかみ合わずに苦労することにもなりかねません。

20代ならではキャリアデザイン思考の転職に見合った転職先を一緒に探してくれる、おすすめの転職サイトを探しましょう!

【参考記事】 【おすすめ】【20代向け】20代の方におすすめの転職サイトと転職エージェント

30代におすすめ

ビズリーチ

私が転職をして年収1000万円を実現したのは30代でした(田中 守のプロフィールを参照)。

サラリーマンの1つのゴールでもある年収1000万円を実現させる為に、30代の転職活動における転職サイトと転職エージェントの使い方は最も重要です。

「キャリアデザイン思考」から、30代におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介しています。貴方の転職活動・転職サイト・転職エージェント選びに少しでも役立ては幸いです。

【関連記事】 【おすすめ】【30代向け】30代の方におすすめの転職サイトと転職エージェント

外資系への転職におすすめの転職サイトと転職エージェント

Samurai Job

外資系への転職は、通常日系の会社へ転職する為に使うおすすめ転職サイトと転職エージェントとは異なった転職エージェントが必要です。

外資系企業が求める人材は基本即戦力であり、転職候補者が企業の期待に見合った人材なのかをより細かく判断をしてから外資系企業に候補者を紹介します。

また外資系は一般にパフォーマンスに対する要求も厳しいとされ、この観点から自分としてやりがいのある分野や職種をキャリアデザインしておくことも重要です。

【参考記事】【おすすめ】外資系に強いおすすめの転職エージェント

人気記事

JAC Recruitment 1

おすすめの外資系に強い転職エージェントを知りたい方向け。 外資系企業に転職しようと心を決めてエージェントを探そうとしても沢山あってよく分からないという方は多いと思います。 そこで外資系企業に転職して年 ...

2

外資系企業で退職勧奨もしくは退職勧告を受けたという方向け 追記 調査の結果、多くの退職代行サービスが正社員でない「非正規社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」でも活用されている事が分かりました ...

-おすすめ転職サイトと転職エージェント
-, , ,

© 2020 転職 with キャリアデザイン Powered by STINGER