XR(AR/VR)

nReal(エヌリアル)


令和2年現在、破竹の勢いで伸びそうな nReal(エヌ・リアル)という会社をご存知でしょうか? 最近のネットニュースをいくつかあげてみますと、、、

KDDIとnreal、XR技術を活用したスマートグラスの企画開発、日本展開で戦略的パートナーシップを締結

5GとARで体感する“スポーツの未来”、高校バスケでソフトバンクが提供

などがあり、両オペレーターさんも未だ商用化の具体的な日程等には言及していない様ですが、新たなユーザー・エクスペリアンス(体感、体験)を提供できるものとして非常に期待されている感じがします。

この nRealLightは、現実に目の前に見えているものに加えて、仮想現実(AR:Augmented Reality)をオーバーレイさせているようです。仮想現実(AR)は業界用語ですが、ソフトバンクさんのバスケットボールの試合の例だと、得点や他のカメラからの映像なども投射できるようです。どれを見るかなどはUSBケーブルで接続された(ここが残念!)スマホで操作できる様ですね。

一方KDDIさんの方は、「 XR技術による時間と空間を超える体験の創出」を各パートナーと作り上げてゆく?方針の様に書かれていますね。どんなサービス?が出てくるから非常に楽しみです。

nReal社は本社が北京(CEO:Chi Xu) ですが、日本法人はGoogleった限りでは見つけられませんでした。

VRのHMD(Head Mount Display) はまだ大きさや重量・見た目などで、外に持ち出して使いたい!というレベルではないと思いますが、nRealのスマートグラスはこれまでの課題を打破し、わずか88gで見た目もカッコイイ!デザインですね!

これが商用化されて様々なコンテンツが出てくれば、例えば通勤時間が長くて大変な人に、英語その他の教育系コンテンツとか、映画などのエンターテイメントのコンテンツなど、時間を有効活用できますね。

スマホを手にもってYutubuを見ている人が多い現在ですが、近未来にはスマートグラスをつけた人で賑わう通勤電車となるかもしれません。。。???

(この記事にはつづきがあります)

これから伸びる業界、分野を転職先の外資系に選ぶことは、年収アップを図る外資系転職では必須です。田中 守は、外資系転職のコンサルを受け付けています。詳しくは⬇️より。

人気記事

JAC Recruitment 1

おすすめの外資系に強い転職エージェントを知りたい方向け。 外資系企業に転職しようと心を決めてエージェントを探そうとしても沢山あってよく分からないという方は多いと思います。 そこで外資系企業に転職して年 ...

2

外資系企業で退職勧奨もしくは退職勧告を受けたという方向け 追記 調査の結果、多くの退職代行サービスが正社員でない「非正規社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」でも活用されている事が分かりました ...

-XR(AR/VR)

© 2020 転職 with キャリアデザイン Powered by STINGER