外資系の年収

外資系転職 年収3000万円の世界


これから外資系企業へ転職しようと
検討中の皆さん、年収3000万円を
イメージ出来ますか?
まずは今の年収400-700万円から
年収1000万円を目指している方には
難しいかもしれません。
しかし年収3000万円の世界は存在します。
しかもそんなに遠い世界ではないかも!?

外資系転職 年収3000万円を目指せ!


これから外資系に転職をしようと検討している方、即ち現在の年収が400-700万円程度の方が、一気にジャンプアップして年収3000万円を目指すというのは非現実的です。

本サイトでも私の経験を基に推奨している様に、まずは年収1000万円で外資系に転職、その後転職した外資系企業で年収2000万、その後さらに年収3000万円を目指しましょう。

同じ外資系企業内で昇進(Promotion)し、年収をアップさせてゆく方法、途中で他の外資系企業に転職する際に交渉をして年収アップを図る方法、やり方はいろいろあります。

いずににしても、年収3000万円を企業が支払う価値(Value)がある人材(Talent)でなければいけません。

年収2000万円を目指す方向けに書いたNote(有料)でも説明しましたが、更に上へとイメージすることは重要です。まずは年収3000万円という世界が全く手の届かない遥か果てにあるのではなく、貴方の努力に続いた道として存在するという事実を意識してください!

外資系転職 年収3000万円のイメージ

これは概算にすぎませんがイメージとしてあげてみると、、、 月収150万 x 12 = 1800万円、ボーナスとストックオプションなどで1200万円、合計で年収3000となりますね。

月収が150万円というのは、所得税や社会保険を差し引くと手取りが月収約100万円程度になる金額です。年収2000万円のレベルだと手取りの月収は100万円を越えられませんでしたが、年収3000万円になるとそれが実現できるのです!

手取りの月収100万円をイメージしてみましょう!なんとワクワクする金額でしょうか? いま年収が400 - 700万円の方からすると、毎月ボーナスではないかっ!?という金額かもしれませんね。

勿論散財してはいけませんよ! 年収3000万円クラスになるとタワーマンションを購入して優雅に暮らす方も多いですが、私はこれまでの生活レベルを維持することをお勧めします。外資系では年収ダウンの可能性もゼロではないのですから!

外資系転職 年収3000万円の人材レベル

伸びている業界のシニアディレクター(Sr. Director) などでは年収3000万円の方も多いかと思います。或いは中小規模の外資系企業の日本法人社長(Country Manager) など。

金融業界ではトレーダー、即ち個人でも20代で年収3000万円台がいると聞きますが、そういった分野はここでは範疇外とします。

いずにせよ、外資系年収3000万円のクラスに求められる人材は、日本企業で言えば事業部長、或いは本部長の様にビジネス(の数値)に最終責任を持つレベルです。

外資系企業の日本法人では当然支社長(日本店の社長、Country Manager)が数値(売り上げ)の最終責任を持つわけですが、実際にその数値を実現すべく活躍しているのはその下のSr. Directorです(ある会社ではタイトルがVPだったりもするでしょう)

ですので、当然部下を多く抱え、リーダーシップを発揮しながら、良い意味で関連部署とのポジティブ・ループを築き、結果として会社としてのゴール(数値)を実現できる人材(Talent)です。

このレベルでも残念ながら、本部レベルでポジティブ・ループを築けない人はいます。そういう人はこの先の年収アップは見込めないと私は思います。この先さらに年収アップをする為には、個人としての能力に加えて会社(チーム)に対しての貢献度(人を巻き込んで良い意味でポジティブ・ループを作ってゆける)という視点で、会社側は貴方を見ている(評価している)のです。

年収3000万円は会社において真のリーダークラスになることを意味します。このクラスに到達する為にはどうすれば良いのか? 私の経験をnote(有料)にまとめてみたので、年収2000万円クラスの方は是非参考にしてみてください)

外資系転職 年収3000万円への道(noteにて提供予定)

外資系企業に転職して、年収アップする為のその他の記事も参考にしてください

人気記事

JAC Recruitment 1

おすすめの外資系に強い転職エージェントを知りたい方向け。 外資系企業に転職しようと心を決めてエージェントを探そうとしても沢山あってよく分からないという方は多いと思います。 そこで外資系企業に転職して年 ...

2

外資系企業で退職勧奨もしくは退職勧告を受けたという方向け 追記 調査の結果、多くの退職代行サービスが正社員でない「非正規社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」でも活用されている事が分かりました ...

-外資系の年収
-, , , , , ,

© 2020 転職 with キャリアデザイン Powered by STINGER