外資系転職ノウハウ

伸びる業界・分野を考えておくという転職の常識


貴方は転職先の外資系企業をどんな
基準で選んでいるでしょうか?
きっと自分なら活躍できると思う会社?
自分のスキルが生かせる分野?
外資系企業への転職を成功させる秘訣は、
今後伸びる業界・分野を対象にすることです
その理由は、、、

伸びる業界・分野を考えておくという転職の常識


何を当たり前の事を言っているんだ!と思われた方も多いと思います。しかし、その当たり前の事を出来ていない人がほとんどなのです。だからこそ、その当たり前の事を出来る人にフルーツ(年収1000万円の実現)に近づく道が開かれるのです。恐らくここで5%に絞られます(是非貴方はその5%の中に入って下さい!)

やはり産業自体が伸びている分野が、外資系に転職して高給を獲得するチャンス自体を増やしてくれます。これには理由が二つあります。

一つ目は日系企業でもそうですが、産業自体が伸びているということで、そこで扱われる商品の消費も活発になり、業界で回るお金が多くなって結果的に会社からの給与も多くなるという事。二つ目は、伸びる分野では特に外資系が最初のパイを奪う為に熾烈な競争をしかけます。その際に優秀なタレントを押さえにかかり、活躍できる人材の給与が高騰するというわけです。

1980年代の日本では化学の分野がリードしていました。その後は情報通信からモバイル、インターネットと遷移してきています。それらの分野の中でも細分化してみてゆけば、さらに細かくどの分野が伸びるのか?を分析することが出来るでしょう。

伸びる業界・分野を考えておく転職の例

例えば今スマホのメーカーに転職を熱く希望する方は多くいるでしょうか?(スマホはコアのビジネスなので、特殊な技術をスマホで展開するとか、そういう熱意があってスマホメーカーに転職を希望する方はいらっしゃるかと思いますし、それはそれでOKかと思います)

スマホが出て10年。今は5Gが出てきて盛り上がりを見せていますが、一方でスマホの技術やスマホを取り巻く会社はこぞって自動車(Automotive Industry) 市場へ参入すべくしのぎを削っています。これは何故でしょうか? 答えはシンプル。そこに大きな市場が見込まれるからです。今後の車はConnected Car(いつもセルラーネットワークに接続されている)、AD(Autonomous Driving)やADAS(Advanced Driver Assistance System)が実装される見込みであり、そこには多くの技術が採用される(必要である)と言われています。例えば、自動運転の為にカメラで取得したデータを解析して位置情報に活用したり、ドライバーの顔を分析してADASに利用したり、、様々ですが実はこれらの技術要素は既にスマホで実用化されているものも多く、それらを車での需要に合わせて発展させることにより、ビジネス商機を見据えているというわけです。

インダストリーを跨いで共通のビジネス商機が見込まれるものの1つとしては『AI』があります。『AI』を人工知能と訳すのは私はあまり好きではありませんが、日本語訳は別としても、AIが様々な物に採用されてゆくことは疑いの余地がありません。それは身近な冷蔵庫や電子レンジ、オーディオや家(スマートフォーム)、既述の自動運転や各種システムソリューションなど今後の個人や社会の生活で、そこにAIが稼働していることに気づくか否かは別にして、どんどん広がってゆくでしょう。

であればAIに関わる技術者などには多くの需要があることが容易に想像できます。中国では国策としてAIのエンジニアを増やすべく各種施策を進めていると言われています。ここではAIについての深堀りはしませんが、AIの様な技術やトレンドを見つけることは非常に重要な事です。私は主に情報通信(古い言葉で言えはICT: Information Communication Technology)の世界で生きていますが、他の分野例えば医療やエネルギーなどの分野でも次世代でキーとなる技術やトレンドはあるのではないでしょうか?

転職する意思は固めた、で、今の仕事はもうどうでもよい、手を抜こう、、、ではなく、今の仕事は一生懸命にこなしつつ、上記の伸びる業界やキーテクノロジー・トレンドについて考えてみてください。自分の会社も何らかの形でそれらに関わっていたりしませんか? 

今後伸びると予想される分野」については、こちらも参考にしてください。私、田中守が断言出来るわけではありませんが、予想する分野のトピックについて、マッケッター(マーケット感覚を勉強中)として深堀してゆきます。

人気記事

JAC Recruitment 1

おすすめの外資系に強い転職エージェントを知りたい方向け。 外資系企業に転職しようと心を決めてエージェントを探そうとしても沢山あってよく分からないという方は多いと思います。 そこで外資系企業に転職して年 ...

2

外資系企業で退職勧奨もしくは退職勧告を受けたという方向け 追記 調査の結果、多くの退職代行サービスが正社員でない「非正規社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」でも活用されている事が分かりました ...

-外資系転職ノウハウ
-, , , , ,

© 2020 転職 with キャリアデザイン Powered by STINGER