外資系転職ノウハウ

外資系転職 面接で転職理由を聞かれたときにどう回答するか?


外資系企業への転職の面接で良く聞かれる質問が「転職理由」です。
この質問にどう答えたら良いのか?
に関してアドバイスを求められる事も多いです。
正直に全部話すのが良いか?優等生的な回答が良いのか?
ある程度のセオリーは存在します。
是非参考にしてください。

なぜ外資系企業の転職先の面接では転職理由を聞かれるのか?


答えはシンプルです。複数回転職している人が少なくない外資系では、採用後期待通りに活躍してくれるかな? それともまたすぐに転職(退職)されてしまうかな? という懸念がいつも付きまとうからです。

面接を担当する方自身も複数回転職を経験している方も多く、自分自身が転職理由のバターンを理解しています。

そういう知見と照らし合わせながら、「転職理由」を聞く事により、自社(転職希望者から見れば、次の新しい会社)でやっていける人材なのか? 直ぐにやめてしまうリスクはないのか? 等々を推し量ることがある程度可能な質問が「転職理由はなんですか?」なのです。

しかしながら「転職理由」を聞かれることをネガティブに捉える必要はありません。その理由は、、、

  • ぶっちゃけ毎回聞く質問であり、特別な背景(意図)がない場合も多い
  • 回答から、「その人となり」が漏れてくる質問である為に聞いてみたい
  • 複数回外資系企業へ転職しているのは珍しいことではなく、毎回の転職理由を聞きたい訳ではない

などが「転職理由」を聞く側の意識であることが多いからです。では、どういうスタンスで面接に臨むが良いのでしょうか?

本質論からすると、貴方が「本当に何故前の会社を辞めてでも転職したい理由は何なのか?」これこそが貴方が自分自身で理解をしておかなければならない最重要なことなのです。ここを自分自身で理解できていないと、成功する転職は難しいものになってしまうでしょう。

外資系企業への転職 転職理由の書き方 考慮とヒント

転職活動向けに書く職務経歴書(Resume:レジュメ)には、「転職理由」を敢えて書く欄はないと思いますが、もしある場合は以下の点について気を付けましょう。

  • まず事実でないことは書かない(真摯な姿勢が大切)
  • 愚痴や不満は基本NG(書く場合は書き方に注意)
  • キャリアプラン(キャリアデザイン)をベースに書く
  • 前向きな姿勢が基本

前の会社における不満等が転職理由の一因になっている場合もあるでしょう。その場合、一切伏せる必要もありません(スタンス次第です)

NGなのは「人間関係」の不満で、上司や仲間への不満の場合です。これを「転職理由」として挙げられてしまうと、殆どの面接官んが危惧を持つことになるでしょう。

外資系企業は、良くも悪くも個性派の集まりです。意見を直接あまりぶつけることのなかった日系企業と比べて、ストレートに物を言う外資系に慣れていないとそれだけで仕事が上手く進められないこともあります。

更に言うと外資系では「人間関係に不満があるのは当然」という認識があるとも言えます。そんな当然の事に対して「自分は無理だったので転職したく、御社に応募しました!」と言われても「???」↷ となるだけです。

では、どういう「不満」のケースなら良いのか1つだけ例をあげてみましょう。

市場の競争状況などから、本社のBU(Business Unit)がある決断をした。自分にとってはやりたい仕事が出来なくなる方向性である。自分としてはかなり頑張って主張をしたが本社の決断は変わらない。不満を持って今の会社で続けるよりも、業界をリードする御社で自分の力を試してみたいと思いました! などです。

あくまで「前向き」「やりがい」などポジティブ要素と結びついていることが重要です。

転職経験者による転職理由ランキング

転職経験者に行った「転職理由」に関するアンケートがあります。(以下は、ASMARQさんのHPから引用しています)

「給料が不満だった」「仕事内容が不満だった」の2つを足すと75%くらいの数値になります。

このうち「給料が不満」に関しては、受け取る側の会社の事情(高い給料をオファー出来るか否か)はさておいて、半数近い転職経験者の転職理由ですので、面接でも言及しても問題ないでしょう。新しい環境(御社)で、より多くを学び自分を成長させて給料も上げてゆきたい! 私だったらこの動機に対してネガティブな要素は感じません。

ここで気を付けなければならないのは、二番目に多い転職理由である「仕事の内容が不満だった」との関連性をどう説明するか?です。

間違っても、「自分の能力と比べて給料が少なすぎる」などと言ってはいけません。「まだ見ぬ貴方のパフォーマンス」を前提にした話を面接でしてしまうと、自己の課題評価と捕らわれてしまう危険性があります。

まだ見ぬ貴方のパフォーマンス」については、面接官とのやり取り(質疑応答)の中で徐々に説明・アピールしてゆきましょう!

外資系企業転職の面接で転職理由を利用してアピールする裏技

外資系企業への転職の面接で「転職理由」を逆に自己アピールにしてしまう裏技があります。

最初に外資系企業への転職でインタビューワーが面接で見ている主なポイントについて考えてみましょう。

  • その人の「人となり」(誠実、まじめ、やる気満々、大人しい、順応性ある、云々)
  • 求めている職務内容(Job Description)を確実にこなせるスキルと経験を持った人材か?

貴方が面接で上記2つを合格点に達していれば、オファーレターが来る可能性が高いでしょう。面接のポイントは様々ありますが要約すれば上記二点に絞られます。

一番目の「人となり」は「誠実さ」が一番重要(効く!)かと思います。企業風土によっては「やる気満々」タイプが好まれたりする事もあるかと思いますが、「誠実タイプ」が一番無難で且つ有効かと思います。質問には簡潔に(聞かれたことだけを回答)、何かを追加でコメントする際は「少し脱線してもよろしいでしょうか?」などと事前確認をする人を悪くは感じません。

転職理由」を自己アピールにする裏技ですが、二番目の「職務内容を確実にこなせるスキルと経験をもった人材か」に関して、提示された職務内容と転職先の会社が、まさに自分が転職理由となった原因を解決してくれるもの、ということを強調するという方法です。

貴方は少なくともやりたくない仕事をやる為に転職するわけではないと思います。逆ですね。自分のキャリアアップにつながる、自分のキャリアデザインでは御社では特にここを勉強したい、そして御社と共に成長したい!(御社は将来性がある!)

自分の成長ベクトルと会社の成長ベクトル(将来性)があっていることをアピールするのです。

機会があったらまた深堀りしたいと思います。

人気記事

JAC Recruitment 1

おすすめの外資系に強い転職エージェントを知りたい方向け。 外資系企業に転職しようと心を決めてエージェントを探そうとしても沢山あってよく分からないという方は多いと思います。 そこで外資系企業に転職して年 ...

2

外資系企業で退職勧奨もしくは退職勧告を受けたという方向け 追記 調査の結果、多くの退職代行サービスが正社員でない「非正規社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」でも活用されている事が分かりました ...

-外資系転職ノウハウ
-, , , , , , , ,

© 2020 転職 with キャリアデザイン Powered by STINGER