外資系のリスクとチャンス

50代の外資系転職は実現可能か?


外資系への転職は一般的に20代から40代と言われています。
では50代の外資系転職は不可能なのでしょうか? 
厳しい面はあると思いますが、それでも考えなければ
ならないことがあります。
どういう戦略で進めれば良いのか一緒に考えてみましょう!

50代の外資系転職の可能性は無い?有る?まずは自分の状況確認から?


外資系生活も随分と長くなり、50代になった貴方がただ漠然と「転職したい」とは思わないでしょう。そこには自分の置かれた現状への認識がそれなりにあると思います。焦る必要はありません。外資系経験の長い貴方は分かっているはずです。そう、会社は急に「クビ」には出来ないことを。まずは自己の置かれた状況を自分自身で冷静に分析してみて下さい。

どうもいずらくなってきた?50代の外資系社員

外資系に転職して年収2000万までは実現したけれども、そこから伸び悩んでいる人の話をしました(外資系の転職 年収2000万円で伸び悩む人達へ)。年収の額からすると、40代の方も多いのではないでしょうか? そういう方が何も改善しないまま外資系生活を過ごしていると、やがて50代の大台を迎えることになります。

恐らくその様な方はマネージャー(部下を持つリーダー)の役職はなく、一人で仕事を進めているケースが多いと思います。ここで大きな問題が会社側に発生してくる可能性があります。ディレクター(Director)などのタイトルが付いていても安心できません。もう何年も同じタイトルの場合は気を付けた方が良いかもしれません。

もし貴方の仕事が貴方以外の人にでも出来る、と会社が判断する場合。会社には給料の安いジュニア(若い社員)に変えたいという動機が発生するのです。

なんとなく人事からの扱いが怪しい? 会社の幹部ともコミュニケーションが少なくなってきた、、、と感じる方は要注意です。↓の解決策の案にも関係しますが、高い経費のかかる社員というのは見合ったパフォーマンスを維持できない場合は「会社のお荷物」になる可能性があります。

逆手にとった解決策を後程提案したいと思います。

可もなく不可もなしの50代外資系社員

の貴方に私がオススメすることがあるとしたら、、、それは「貴方の人生設計次第」ということですね。一般のサラリーマンと比べるとそれなりの豊かさではあると思います。そつなく仕事をこなしてきた貴方の今後(特に60歳を超えたあと)の人生プランはどの様なものでしょうか?

コツコツ貯めた貯蓄で贅沢はせずに家族と静かに暮らしたい。ある程度の稼ぎがあればそれでいい、そんな感じな方は今の外資系企業に留まることをお勧めします。給料ダウンを提示されることもないでしょうから(ソツなくこなしているので)逆に少しづつでも給料アップ(この場合はボーナスがメインターゲットになるかと思います)を実現しつつ、居れるとこまで居座る(笑) のがオススメです。

ちょっと不幸なことがあるとしたら、自分では「もっと評価されて然るべきだ、会社は正当な評価をしていない」と主張している様な場合です。要注意。

40代の外資系社員であれば、After-5の居酒屋ネタ(愚痴)ですみますが、50代になるとそうはいきません。貴方がそのような認識であることが上長や人事に聞こえ漏れると(そもそも評価の面接でダイレクトにその様な論説を展開されている方は、転職も含めて覚悟が出来ていると思います)、会社は高給な貴方ではなく比較的安く雇えるジュニアへの交代を考えるきっかけを与えることになるでhそう。

まだまだやる気になっていて更なる高みを求める50代の外資系社員

少しネガティブな話になったので、気分を変えてポジティブなケースを! 今は人生100年という言われる時代。60歳で定年という風潮も徐々に変わってきており、「50代からでも新しいことにチャレンジする!」という方もいらっしゃるかと思います。

特に新規分野の外資系で活躍していた人などは、それらを必要とするパートナーやベンチャー企業などで必要とされる場合があります。いつも前向きでチャレンジングな貴方、これまでの経験を生かして更なる飛躍を目指していることでしょう。

今の会社で重要なポジションで活躍している貴方は多くの企業と会う機会があると思います。しかも相手もそれなりに会社で重要なポジションの場合もあります。そういった場合、自分から売り込みをかける人もいるかもしれませんね。

ただチャンスとリスクについては十分に検討を重ねて下さい。諸条件の確認と交渉は言わずもがな。自分勝手な判断(自分の価値について)で勝手に決めつけず、候補先と十分に議論をしてから結論を出しましょう!

外の会社から声をかけられる50代の外資系社員

もっとも理想的な状況かも!? 但し注意は怠らないようにしてください。競合他社などは常に引き抜きを視野に入れており、ある意味「どうしても必要な人材」というレベルまで昇華していない状態でも、オファーする場合もあります。

外資系の転職エージェントでは、この様なレベル(会社の中枢を担うポジション)の方を専門に扱っているところがあります。また別途紹介をしたいと思います。

「求められて次の外資系に転職する50代の貴方」 なので、ミッションは決まっていると思います。次の外資系で3 -5年程度で是非ミッション・コンプリートを目指して下さい!

50代の外資系転職で想定される状況とオススメの判断ロジック

今の会社に留まった方が良い外資系50代の転職

いずらくなってきた外資系の50代、可もなく不可もなしの外資系50代、これらの方にまずオススメすることは、まずは「焦って転職を決める必要はない」ということです。「自主退職」が最悪です。

万が一、退職勧奨を受けたとしても考えることは沢山あります。詳細は「外資系転職 企業のパッケージ相場と交渉」を参考にして下さい。こんなことをストレートに書くと、外資系の人事にはお叱りを受けるかもしれませんが。

特に50代の外資系社員の転職は、人事であっても厳しい現実は理解しています。「You are fired ! 」が簡単ではないことも。人事との交渉の中で活路を見出してゆきましょう。

可もなく不可もない人の場合、「年棒を下げる」ことを許容することで今の外資系企業に残れる場合があります。理由は、外資系企業のマネージメント側からすると貴方の高い給料が問題だからです。

勿論、自分からそんな提案をする必要はありません。但し年齢が55歳くらいになると人事側から似たような提案がやってくる可能性があります。なので心には留めておいて下さい。

最後に一番厄介なパターン、自分の評価と会社の評価が合っていないと不満をもっている外資系50代です。ネガティブっぽく書いてしまいましたが、ライン(出世コース)のマネージメントが本当にダメダメであるパターンがゼロでは無いのが外資系の難しいところです。

不当に評価されている、外資系のPolitics(ポリティクス)に飲み込まれてしまっている、その様な状況があるのは私も事実だとは思います。ただ、それは急に始まったことではないだろう?とも思います。

50代になってそれに初めて気が付いた!というのは大した鈍感力です(外資系では、ある意味鈍感力は必要ではあるけれども!)もしそれを知っていてほおっておいたとしたら貴方も(会社も)罪深いこと。

自分自身本当に出来る、そう信じるなら動くのは早い方が良いです。50代というのはシニアです。通常の外資系では求められるレベルも相応に高いはず。自分に自信がある方は是非早めに転職して下さい!

自分に自信の無い人は、悪いことは言いません、少しでも今の会社に貢献できる働き方をご自身にて考えて下さい!!!

新たな外資系で最後のチャンスにかける外資系の50代

まだまだやる気で高みを求める外資系の50代、もしくは会社の中枢としてヘッドハンティングの候補になっている方。素晴らしいことだと思います。

新しい(と言っても同業他社等への転職が多いと思いますが)大海原で新たなチャレンジをするか否か? もしかしたら私は今ここにいるのかもしれません(自信過剰!?)

今、Newsで見るような様々な業界、私の身近な業界でもシニア(外資系で50代)の転職で、幹部が移動するようなケースは珍しくありません。さて、どう判断するのでしょうか?

1つの考え方は、「今の会社で自分のやりたいことをやり切ったのか?」という自問自答です。「TRYしたのか?」私にとっては耳の痛い問いです 汗!

全く異なることを成し遂げたい!というなら別ですが、転職したいと考えている会社、或いはヘッドハンティングの提案を受けている会社で期待されているゴールとそのチャレンジは、貴方が今の会社でチャレンジしてきたことでしょうか?

未だチャレンジしていないと自分で思うのであれば、今の会社に残ってそのチャレンジをするのも選択肢の一つかと思います。それにしても、ハイパフォーマーであっても、常に自分の市場価値に敏感になり、☝のような考えで常に自分のキャリアデザインについて意識しておくことが重要かと思います。

50代の外資系転職を成功させる為に重要なこと(まとめ)

外資系の荒波に揉まれながら頑張ってきた貴方、50代というのは業務に追われれば追われるほど、将来の事について考える時間も余裕もなくなってくると思います。

ただ、転職を考えるか否かは別としても、自分のキャリアデザイン、いや、ここまで来るとライフデザインについて振り返ってみることをしましょう。そうでないとあっという間に60代がやってきてしまいます(と思います!)

外資系の50代をどう過ごしたいのか? そして60代を人生の中でどう過ごしたいのか? それらが50代の外資系転職における判断の重要ポイントになると思うからです。

人気記事

JAC Recruitment 1

おすすめの外資系に強い転職エージェントを知りたい方向け。 外資系企業に転職しようと心を決めてエージェントを探そうとしても沢山あってよく分からないという方は多いと思います。 そこで外資系企業に転職して年 ...

2

外資系企業で退職勧奨もしくは退職勧告を受けたという方向け 追記 調査の結果、多くの退職代行サービスが正社員でない「非正規社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」でも活用されている事が分かりました ...

-外資系のリスクとチャンス
-, ,

© 2020 転職 with キャリアデザイン Powered by STINGER