外資系のリスクとチャンス

外資系企業に転職するか悩んでいる人の為のチェックリスト


日系企業で働いている方で給料が伸び悩み
或いは納得いかない事が多すぎたり
自分はもっともっと出来る! など
外資系企業への転職を検討している貴方
でも外資系に転職するとクビのリスクもある
英語もうまい方ではないし、等々
悩んでいる方も多いと思います。
そんな貴方に、外資系に転職するべきかの
判断をお手伝いするチェックリストを作ってみました!

外資系企業への転職に悩んでいる人が抱える現状への不満?


外資系企業への転職を検討している方の多くは現状への不満を抱えていると思います。外資系に転職して年収1000万円を実現し、今では外資系年収4000万円を超えるまでになった私でも何を隠そう外資系転職を決断したきっかけは、転職前の日系企業における給与システムへの不満でした。

外資系は給料が高いらしいぞ!とは良く聞く話ですが、給料に不満がある ➡️ 高給の外資系に転職する、(➡️ は、だから と訳せますね)と自分の意識、転職の理由(動機)を明確にする事が重要です。この理由と意識を明確にすることにより、外資系企業への転職活動もスムースになり、外資系に転職した後も様々な苦労に直面した際の羅針盤になってくれます。

外資系企業への転職に悩んでいる人が抱える不満 給与

日系企業の給与の絶対額について不満を感じている方は多いと思います。私が学卒で電機メーカーに就職した際の初任給は確か197,000円だったと記憶しています(国立大学の理系卒業ですので、恵まれた方だったと思います)

即戦力や有望な人材を獲得して市場で戦う外資系は、人材獲得の為に日系企業よりも高い給与を提示します。そうやって多くの優秀な人材が外資系に流れるのを長年に渡り見てきた日系企業も、最近になってようやく重い腰を上げ年収2000万・年収3000万円も辞さないと方針を変えるようになってきました。

日本人は小さい頃から「お金」に執着するのは良くない事、と教育をされているのでイメージ悪く感じる方もいるかもしれません(今の若い方はそんな事はないでしょうか?)。でもそれは違います。少なくとも、多くの苦難を乗り越えて資本主義世界を作り上げてきた人類の現状からすれば、お金を稼いで自分の好きな事をするというのは当然の考え方です。

会社の業績もさほど悪くない、業界もジリ貧という訳でもない、けれども給与はさほど高くはないと感じている方は、そろそろ外資系企業への転職を考えた方が良いかもしれません。

外資系企業への転職に悩んでいる人が抱える不満 仕事の効率・進め方

残業後の居酒屋で良く聞く愚痴。「今日の会議は不毛だったなぁ。部長は決断しないし、あれじゃぁ会議の意味がない、、、」

外資系企業から日系企業を見ていると良く感じる事があります。代表的なものは、責任者(責任分担)が曖昧(この打ち合わせに何でこんなに大勢が参加しているんだ!?)、何をゴールにして議論しているのか分からない(会議の目的が曖昧)、本来の目的(ビジネス)以外のところで悩んでいる様に見える(部署間の軋轢や上層部を忖度するとか)等々です。

仮にもし私が日系企業へ(億の額を積み上げてオファーされた場合ですが 大汗!)戻ったとしたら、会議を開催する場合は開催の前に以下を明確にするでしょう。

  • 会議で議論する(すべき)アイテム
  • 会議で導き出さなければいけないゴール
  • 参加する各人に期待する(持ってこなけれならない)インプット

あとは実際の会議で、自分が進行をリードし活発に議論(意見交換)しながら、会議で導き出さなければいけないゴール(結論)をだす。

最後の結論を出す部分の多くには、「決断」が必要な場合があります。それを「誰が」が行うのか? 外資系ではシンプルです。そのグループでビジネスに責任を負っている最上位の方です。

日系企業では、そもそも会議の設定を新入社員に任せたり、ましてや議事進行なども任せてしまったり、挙げ句の果てに「判断」「決断」する人がいない、という事態まであり得ます。みんな、「判断」や「決断」には責任が伴うことを肌感覚で理解しているからなのでしょうか?

そんな会議に霹靂とした事はありませんか? 「うちの会社は何でこうなんだ!?」と感じる事が慢性化したら、そろそろ外資系企業への転職を考え始めても良いかもしれません。

外資系企業への転職に悩んでいる人が抱える不満 ワークライフバランス

ワークライフバランス(Work Life Balance)は外資系企業では重要視されています。どんなにビジネス的に厳しい状況になっても、何もかもを犠牲にしてまでゴールを達成せよ!と圧力がかかる訳ではありません。自分でワークライフバランスを調整して、やりたいから徹夜するみたいなのはあるかもしれません。

そもそも外部環境も異なりますが(カリフォルニアの企業は多くが車通勤だったり)、朝晩の満員電車はQOL(Quality Of Life)を無視した状況です。この時代、朝9時にタイムカードを打たなければいけない、朝礼が必ずある(しかも中身がない!?)などは時代錯誤ではないでしょうか?

もう少し改善できないか? 仕事の成果を正しく評価する事ができれば、その過程についてあまり細かいルールは必要ないのではないか? 満員電車で死にそうな顔で毎朝出社するのではなく、朝は電話会議その他の仕事をこなしてから時差通勤するなど、やりようがあるではないか?・・・その様に感じる事が多くなってきたら、そろそろ外資系への転職を考え始めた方が良いでしょう。

外資系企業への転職に悩んでいる人が抱える不満 昇進や報酬の考え

言わずもがなですが、もう30年以上も前から日系企業では役職(ポジション)が限られており、年功序列という悪しき習慣も手伝って、自分がこの先この会社でどう昇進できるか?のイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか?

役職(タイトル)は気にしないけれども、それなりの報酬があれば納得できる場合もあるでしょう。但し、そこが盲点なのです。多くの日系企業では報酬の大小は役職と関連しており、前述した特別な(引き抜かれた)エンジニア等でなければ、多くの報酬は望めません。

ボーナスの額はどうでしょうか? 電機労連に参加している電機メーカーでは、給料の何ヶ月分などと労使が協議して決めたりしますよね? 一体これはどういうこと? 自分がどんなに頑張って成果を出しても、(自分から見て)頑張っていない他の人と同じ月数って??

外資系企業では、相対的に高給というのもありますし、仕事が出来る人材であれば相応の評価がなされます。その評価は「貴方個人に対して」なされます。もちろん、ボーナスの原資になっているのは会社の売り上げですので、業績連動という相対性はありますが評価はあくまで個人なのです。

みんなで頑張ろう!成果もみんなのものだ!といったテーゼに違和感を持ち始めたら、そろそろ外資系への転職を考え始めた方が良いかもしれません。

外資系企業への転職に悩んでいる人が抱える不満 チャレンジングな仕事

日系企業でくすぶっている人、「俺はもっと仕事が出来る!」「何でもっと大きな(チャレンジングな)仕事を任せてくれないんだ!」「どうして(俺が考える)こんなやり方ではダメなのか?」等々悩んでいる方はいませんか?(男性想定でごめんなさい)

貴方の問題意識・問題定義に対して真摯に受け止めて議論した上で、「こういうやり方でお願いします」となるならまだ良い方です。多くの日系企業では、そんな問題定義すら無視される(既読スルー)事があり、やがてそれは社員からの問題定義すら無くなってしまう土壌を作り出し、結果活気の無い受け身な人材だらけの萎縮した組織になってしまうのです。

勿論、世界で活躍する日本の企業も存在します。有名な企業もそうでない企業(でも世界シェアがダントツに高いなど)もあります。そういった日本の企業では、きっと「チャレンジング」な働き方が実行されているのだと推測します(今度、知り合いを通じて色々聞き取り調査をしてみたいと思います)

市場自体を動かすインパクトのある仕事、自分の仕事の結果がダイレクトに見える環境で仕事がしたい!(日系企業でもそういう会社は多々あると思いますが)今の会社にいたら、そういう仕事は出来ない、と感じる貴方はそろそろ外資系企業への転職を考えた方が良いかもしれません。

転職支援サイトで外資系転職に強いと言われているエージェントを紹介します。勿論、無料です! まずは登録して、実際に転職するかは本サイトを読みながらじっくり検討しましょう! 外資系転職に強いエージェント!

外資系企業への転職に悩んでいる人の為のチェックリスト

ここまで外資系企業への転職に悩む人が、現状の日系企業で抱える不満について例を上げてきました。よく外資系は給料が高いから転職したい!という人がいますが、それだけが理由だと失敗する可能性があります。

外資系企業への転職が貴方の感じる不満を同時に(一気に)解決してくれる訳ではありません。貴方が不満に感じる様な内容を解決してくれる、会社のシステム、一緒に働く周りの人材、そして(ここが重要ですが)貴方自身が日系で不満に感じていた事を改善して、貴方の意思を思う存分にぶつけて仕事を進めてゆく、そういう環境が外資系には多くあるのです。

私のブログを訪問されている方にそのような方は少ないと思いますが、あまり目立たず会社にぶら下がっていた方が楽な方は決して外資系に転職しないで下さい。失敗します。実際に外資系企業への転職活動を始めてみて、外人のエージェントと話したり外資系企業との面談で自分自身を振り返させられることもあるかと思います。「あー、俺はやっぱり日系企業のが向いているなぁ、、、と」

私が外資系企業に転職して年収1000万円を実現、その後外資系の荒波に揉まれながらも年収4000万円を超えた(まだまだ上を狙っています!)経験を踏まえて、外資系企業への転職に悩む貴方に以下のチェックリストを差し上げたいと思います。貴方の「決断」の参考にしていただければと思います

(注:悩んでいる方には、コンサルも受付います。➡️ こちら

  • 日系企業の給与システム(成果を出しても差があまり無い、等)に不満を持っている(+)
  • 給与・報酬に関してこの先伸びるというイメージが持てない(+)
  • チームの成果は平等であり、給与・報酬にはあまり差がない方が良い(ー)
  • 自分のみ、もしくは数人で客先ミーティングに参加するのが苦手(ー)
  • 俺ならこうするのになぁ!といつもリーダーを想定して考えている(+)
  • 目的が曖昧な会議は大嫌いだ!(+)
  • 結論のない(曖昧な)会議に意味はないと考えている(+)
  • ラインの上司またその上が決断出来ない人である(+)
  • 会社の為に頑張るがワークライフバランスを重要と考えている(+)
  • 給料の為にいやいやながら残業している(ー)
  • 出来る人にはそれなりの報酬があって当然と考えている(+)
  • 年齢に関係なく、出来る人は優遇されるべきと考えている(+)
  • 日本の旧態依然とした考え方・進め方などに霹靂とする(+)
  • 他人のせいにせず、自分の責任で発言し実行できる(+)
  • リーダーシップを発揮するよりついて行く方が楽と考える(ー)
  • ガッツがある方だ!(+)
  • 世界を動かす、業界を動かす、人々の生活を変えるなど、インパクトのある仕事がしたい!(+)

外資系企業への転職に悩んでいる人へ まとめ

外資系企業への転職で悩んでいる人の為のチェックリスト、いかがでしたでしょうか? 上記の他にも悩んでいたり、判断ポイントになる点はあるかと思います(是非、私のTwitterへご意見下さい)

(+)が1点、(ー)がマイナス1点。合計点数が高いほど、貴方は外資系に向いていると言えると思います。勿論、これは私の外資系での様々な経験から考える事であり、貴方の外資系転職後の成功を必ずしも約束できる訳ではありません。

(このブログではまずは外資系企業への転職を成功させるための考え方について展開していますが、今後は外資系企業で真の意味で成功を掴むためのノウハウを展開してゆきたいと考えてます。乞うご期待!)

ただ日系企業で悩んでいる方に、外資系企業への転職で貴方の人生が変わる、変えるチャンスがあるという事をお伝えしたいのです。

最後に一言。自己啓発書などを読んでも95%の方が実際には行動しません。5%の方が行動しますが、最後までやり遂げる方はその中でも1%以下でしょう。

実際に外資系企業への転職に動き始める為には、外資系に強いエージェントの転職支援サイトに登録するか、または田中守のコンサルをご検討下さい

外資系企業に転職して、年収アップする為のその他の記事も参考にしてください

人気記事

JAC Recruitment 1

おすすめの外資系に強い転職エージェントを知りたい方向け。 外資系企業に転職しようと心を決めてエージェントを探そうとしても沢山あってよく分からないという方は多いと思います。 そこで外資系企業に転職して年 ...

2

外資系企業で退職勧奨もしくは退職勧告を受けたという方向け 追記 調査の結果、多くの退職代行サービスが正社員でない「非正規社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」でも活用されている事が分かりました ...

-外資系のリスクとチャンス
-, , , , ,

© 2020 転職 with キャリアデザイン Powered by STINGER