外資系のリスクとチャンス

外資系転職でクビになるリスク


外資系への転職とそのリスクについて
一番気になるであろう内容は
「クビ」
になる可能性だと思います。
一般的なイメージだと日系企業よりも
外資系企業の方がクビにされる??
一体、真実はどうなのでしょうか?
そもそもクビにされる理由は?

外資系への転職とクビになるリスク


外資系転職とクビになるリスクー① 撤退

外資系に転職した貴方だけがクビになるのではなく、その外資系企業が日本市場から撤退する場合で、この場合は日本事務所(ローカル・オフィス)を閉じることなります。すなわち全員解雇です。

ビジネスが思うように伸びない、競合との競争に負けシェアが落ちて続けられない、様々な理由により、本社は日本市場からの撤退を決断する場合があります。

私のサイトを熟読されている方は、「今後伸びる業界・分野を考えておくという転職の常識」にある様に、すぐに撤退する外資系企業への転職はしていないと思いますが、昨今では業界自体が廃れたり、ゲームチェンジャーが突如現れ、ビジネスの土壌自体を奪ってたり独り占めしてしまうこともあるので要注意です。

とは言え、昨今では重厚長大と言われる日本の大企業でも倒産する場合がありますので、外資系だから特に、、という時代ではなくなっていると思われます。

外資系転職とクビになるリスクー② リストラ

撤退とまではいかない場合でも、企業の業績が悪くなった等の理由で、本社の指示によりリストラを敢行しなければならない時があります。

日本支店(ローカル・オフィス)の売り上げが減少した場合も当然ですが、例え日本支店の売り上げに問題がない時でも、本社(会社自体)の業績が芳しくない場合には、海外拠点のリストラというのは大いに可能性があります。

このような場合に対象となる社員は、所謂仕事が出来ない(KPIとして結果を残せていない)ローパフォーマー(Low Performer)です。ここ最近何期かの成績が低い順に対象になってゆくと考えて間違いないでしょう。

どの部署がリストラの対象になるのか?は状況次第で様々だと思いますが、業績連動のリストラの場合は、日本支店の社長の判断で各部署に均等に(リストラの)人数を割り振ったり、或いは間接部門などを最初のターゲットにする場合もあるようです。

外資系転職とクビになるリスクー③ PIP(ピップ)

ここでは少々怖い話をしないといけません。それが通称ヒップ(Performance Improvement Program) です。

外資系では所謂仕事が出来ないローパフォマーはクビになる可能性が高いです。これは事実です。

しかし問題は、日本という国の法規制では正社員を解雇するのが大変難しいのです。よく海外のTVドラマで出てくるような「You are wired !(お前はクビだ!)」は海外の労務規定や就職規定で出来ても、日本では出来ないのです。

そこで登場するのが、PIP! Performance Improvement Programとは聞こえは良いですが、外資系の経験が多少なりともある人には、「あ~、これは退職勧告だな」とすぐに分かります。

表面上は、Performanceを向上させるためのトレーニングプログラムですが、日々の業務でローパフォーマーな人がこなせる課題設定ではありません。多くの場合は、PIPと通知されて自主退職を申し出るか(ある意味、会社はそれを狙っています(怖っ)、PIPをスタートしても途中で断念して会社を去る、、、ことになります。

こういう時に活躍するのが HR(Human Resource) という部署です。HRは日本語で言うところの人事ですね。PIPの中身の説明やプログラムが開始された場合でも、対象社員と会話を持ち、様々な提案?をして自主退職に導くような努力をします。

外資系の転職でクビを宣告されたら退職代行サービスを検討しましょう

ページ下部の「人気記事」にある「退職代行サービス」を利用するもよし、また新しい転職先を見つける為に「おすすめの外資系に強い転職エージェント」に登録をすることもおすすめします。

人気記事

JAC Recruitment 1

おすすめの外資系に強い転職エージェントを知りたい方向け。 外資系企業に転職しようと心を決めてエージェントを探そうとしても沢山あってよく分からないという方は多いと思います。 そこで外資系企業に転職して年 ...

2

外資系企業で退職勧奨もしくは退職勧告を受けたという方向け 追記 調査の結果、多くの退職代行サービスが正社員でない「非正規社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト」でも活用されている事が分かりました ...

-外資系のリスクとチャンス
-, , ,

© 2020 転職 with キャリアデザイン Powered by STINGER